相続手続×大阪相談室のサイトです。

相続放棄

相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産もまったく相続しないというものです。相続放棄は、プラス財産よりもマイナス財産の方が明らかに多い場合や、相続争いに巻き込まれたくない場合によく選択されます。

相続放棄するとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。相続放棄をするには、自己のために相続の開始があったことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に対して相続放棄を申し出る必要があり、この期間を過ぎると、単純承認をしたものとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産も相続することになります。

被相続人に債務がある場合、或いは、債務があると想定される場合、相続財産の調査を行い、被相続人の資産と負債を確定させることが必要です。
相続財産調査によって負債が資産の額を大きく上回っているときには相続放棄を選択することになります。

相続手続×大阪相談室へようこそ!

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:月~土 9:00~20:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@souzoku-aid.net

相続手続きの概要

相続手続きのご相談は無料です

ページのトップへ戻る
相続手続×大阪相談室 HOME » 相続放棄