相続手続×大阪相談室のサイトです。

相続財産の名義変更の方法(不動産・預貯金・株式・自動車等)

相続が発生する事で、不動産、預貯金、株式、自動車等の動産など煩雑な名義変更手続きが必要となります。以下に、必要書類など手続きを記載しましたのでご参考になってください。

不動産の名義変更の方法

不動産の名義変更は、相続を登記原因とする所有権移転登記をすることをいいます。不動産の名義変更手続は、登記所(地方法務局)で、所有権移転登記申請をします。

【相続登記の必要書類】

  • 登記申請書(所有権移転登記申請書)
    相続登記申請書の雛形は法務省の相続登記申請書のページをご参照ください。
  • 固定資産課税台帳謄本(固定資産評価明細書)
  • 不動産の全部事項証明書(法務局)
  • 相続人全員の印鑑証明書(海外居住者はサイン証明書と在留証明書)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)
  • 被相続人の住民票の除票
  • 遺産分割協議書

預貯金の名義変更と解約の方法

被相続人名義の預貯金は、金融機関が被相続人の死亡を確認した時点から、口座が凍結されるので入金・出金ができなくなります。相続が開始すると、被相続人人の財産は相続人の共有・含有となります。

【預貯金の名義変更の必要書類】

  • 金融機関所定の払戻請求書(相続人全員の連名となる金融機関がほとんどです。遠方の相続人は委任状で対応できる場合もあります。)
  • 預金通帳と届出印
  • 凍結された口座のキャッシュカード
  • 相続人全員の印鑑証明書(海外居住者はサイン証明書と在留証明書)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

【その他必要書類】

  • 遺産分割協議書(遺産分割協議書が作成されている場合に必要です。相続人全員の印鑑証明書が必要です。)
  • 自筆証書遺言(被相続人の自筆の遺言書がある場合です。自筆証書遺言は検認手続を事前にとる必要があります。)
  • 公正証書遺言(遺言書を公正証書にしている場合です。)
  • 遺言執行者の選任審判書
    遺言書に遺言執行者の記載がない場合は、家庭裁判所に選任を申し立て、家庭裁判所に遺言執行者の選任審判書を発行してもらうことになります。その場合は、遺言執行者の選任審判書を金融機関に提出します。
  • 家庭裁判所の調停調書
    被相続人の遺産分割において、家庭裁判所で遺産分割調停が行われた場合に家庭裁判所の調停調書の提出をします。
  • 家庭裁判所の審判書
    調停では解決ができず、家庭裁判所の審判を行った場合に家庭裁判所の審判書の提出をします。

株式の名義変更の方法

相続があった場合、被相続人の証券会社の取引口座名義を変更する必要があります。

【株式の名義変更の必要書類】

  • 取引口座引継ぎの念書(証券会社所定の届出書(相続人全員の署名捺印が必要です。))
  • 取引口座を引き継ぐことに相続人の全員が承諾した旨を示す承諾書(証券会社の所定用紙)
  • 遺言書・遺産分割協議書など株式を取得する相続人を証明する書類
  • 源泉分離課税或いは申告分離課税に関する死亡届出書
  • 相続人全員の印鑑証明書(海外居住者はサイン証明書と在留証明書)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

自動車の名義変更の方法

相続があった場合、被相続人の自動車の名義を変更する必要があります。

【自動車の名義変更の必要書類】

  • 移転登録申請書
  • 自動車検査証
  • 自動車検査証記入申請書
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(呈示)

生命保険・損害保険の名義変更の方法

相続があった場合、被相続人の生命保険・損害保険の名義を変更する必要があります。

【生命保険の名義変更の必要書類】

  • 生命保険証
  • 生命保険金請求書
  • 死亡診断書
  • 相続人全員の印鑑証明書(海外居住者はサイン証明書と在留証明書)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

退職金の名義変更の方法

【退職金の名義変更の必要書類】

  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

ゴルフ会員権の名義変更の方法

【ゴルフ会員権の名義変更の必要書類】

  • 相続人全員の印鑑証明書(海外居住者はサイン証明書と在留証明書)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)
※会員の死亡により権利が消滅するゴルフ会員権もあります。

電話加入権の名義変更の方法

【電話加入権の名義変更の必要書類】

  • 電話加入承継届
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

特許権・実用新案権・意匠権・商標権の名義変更の方法

【特許権・実用新案権・意匠権・商標権の名義変更の必要書類】

  • 移転登録申請書
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本など(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、被相続人の両親の戸籍も必要となります。)

相続手続きの関連ページ

相続手続×大阪相談室へようこそ!

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:月~土 9:00~20:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@souzoku-aid.net

相続手続きの概要

相続手続きのご相談は無料です

ページのトップへ戻る
相続手続×大阪相談室 HOME » 相続手続き » 相続財産の名義変更の方法